today is Oct 20, 2021

Earn crypto on autopilot

中国恒大やFRBの決定受け、価格上昇 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)

BTC/USDT

ビットコインは9月21日にネックラインを下回って急落し、弱気のヘッドアンドショルダーパターンが完成した。しかし、9月22日に強気派が価格をネックラインの上に押し戻したことはポジティブに捉えられる。これは下値での強い買いを示唆している。

中国恒大やFRBの決定受け、価格上昇 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル) BTC/USDT daily chart. Source: TradingView

強気派がネックラインの上で価格を維持すれば、アグレッシブな弱気派を罠にかけ、ショートスクイーズになる可能性がある。BTC/USDTペアはその後、20日指数移動平均(EMA:46,038ドル)まで上昇する可能性があるが、そこでは弱気派が厳しい抵抗をするかもしれない。

移動平均線は弱気のクロスオーバーを形成しており、相対力指数(RSI)はマイナスゾーンにあるため、弱気派が主導権を握っていることを示している。

ネックラインの上を維持できなければ、弱気派はダウントレンドの再開を試みるだろう。下値の最初のサポートは37,332.70ドル、そしてパターンターゲットは32,423.05ドルだ。

移動平均線を上にブレイクしてクローズすると、調整が終わった可能性を示す最初の兆候となる。

ETH/USDT

イーサは、9月20日に急落して3,000ドルを下回り、弱気のヘッドアンドショルダーパターンが完成した。通常、ネックラインからのブレイクダウンは再テストされるが、これが9月22日に起こったようだ。

中国恒大やFRBの決定受け、価格上昇 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル) ETH/USDT daily chart. Source: TradingView

移動平均線は弱気のクロスオーバーを完了し、RSIはマイナスゾーンにあるため、市場は弱気派に有利であることを示している。もし価格が現在のレベルから下降に転じた場合、弱気派はパターンターゲットである1,972.12ドルに向けて下降を再開しようとするだろう。

逆に、強気派が3,000ドル以上の価格を維持すれば、押し目での蓄積を示すことになる。ETH/USDTペアはその後、20日EMA(3,303ドル)まで上昇する可能性があり、ここが再び硬い抵抗として機能する。ETH/USDTペアはその後、20日EMA(3,303ドル)まで上昇する可能性がある。

XRP/USDT

リップル(XRP)は急落し、9月20日には9月7日の日中安値である0.95ドルを下回り、供給が需要を上回っていることを示唆している。移動平均線は弱気のクロスオーバーを完了し、RSIはマイナスゾーンにあるため、弱気派が優勢だ。

中国恒大やFRBの決定受け、価格上昇 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル) XRP/USDT daily chart. Source: TradingView

現在のリリーフラリーは、20日EMA(1.06ドル)でハードルにぶつかる可能性が高い。このレジスタンスラインから価格が下降に転じれば、トレーダーが引き続き上昇時に売却していることを示すことになる。そして、弱気派は下落の動きを再開しようとする。

価格が0.85ドルを下回った場合、XRP/USDTペアは次のサポートである0.75ドルまで下落する可能性がある。強さを示すためには、強気派は頭上のレジスタンスゾーンである1.07~1.13ドルを超えて価格を押し上げ、維持する必要がある。

関連記事リンク(外部サイト)

堅調推移のOMG(オーエムジー)~フィボナッチの節目が、次の布石に~【仮想通貨相場】 ビットコイン続落で一時4万ドル割れ まだまだ下値を模索するか?【仮想通貨相場】 軟調なビットコイン、FOMCまでは様子見か【仮想通貨相場】

コインテレグラフ