today is Oct 20, 2021

Earn crypto on autopilot

強気のモメンタムが高まる 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)

BTC/USDT

9月13日のローソク足の下ヒゲは、42,451.67ドルの重要なサポートに近い押し目で、強気派が積極的に買っていたことを示している。強気派による持続的な買いと、短期的な弱気派によるショートカバーの可能性により、ビットコインは9月15日に20日指数移動平均線(EMA)(47,195ドル)を上回った。

強気のモメンタムが高まる 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル) BTC/USDT daily chart. Source: TradingView

強気派が20日EMAの上で価格を維持すれば、BTC/USDTペアは50,500ドルから52,920ドルのレジスタンスゾーンまで上昇する可能性がある。

相対力指数(RSI)はプラス領域に反発し、20日EMAは横ばい推移しているため、強気派に若干の優位性を示している。頭上のゾーンを上抜ければ、上昇トレンドが再開する。

しかし、弱気派は簡単には諦めないだろう。レジスタンスから下降に転じた場合は、さらに数日間、大きなレンジで固まってしまう可能性がある。

弱気派が優位に立つためには、42,451.67ドル以下の価格を沈めて維持する必要があるだろう。

ETH/USDT

9月13日のローソク足の下ヒゲは、強気派が50日単純移動平均線(SMA:3,189ドル)を積極的に守っていることを示している。強気派は9月15日にイーサ(ETH)を20日EMA(3,430ドル)の上に押し上げたが、3,567.06ドルの厳しいレジスタンスに直面する可能性がある。

強気のモメンタムが高まる 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル) ETH/USDT daily chart. Source: TradingView

強気派が直上のハードルを乗り越えれば、ETH/USDTペアは再び4,000ドルへの上昇を試みる可能性がある。一方で、3,567.06ドルから下降に転じた場合、50日SMAまで下落する可能性がある。

このような動きは、数日間、レンジ内で推移する可能性を示唆する。フラットオな20日EMAと中間点のすぐ上にあるRSIは、買い手にやや有利であることを示している。

下降局面に入るには、弱気派は重要なサポートである3,000ドルを下回り、それを維持する必要がある。

XRP/USDT

リップル(XRP)は、9月13日に50日SMA(1.05ドル)から跳ね返され、強気派がこのレベルを守っていることを示唆している。現在、20日EMA(1.13ドル)まで上昇する可能性があるが、ここでは弱気派が厳しい挑戦をしてくる可能性が高い。

強気のモメンタムが高まる 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル) XRP/USDT daily chart. Source: TradingView

20日EMAは徐々に下に傾斜しており、RSIは中間点のすぐ下にあることは、弱気派に少し有利であることを示唆している。50日SMAを下にブレイクすると、弱気派が強気派を圧倒したことを示唆する。9月7日の日中の安値である0.95ドルを下回れば、売りが強まるかもしれない。

これに反して、強気派が20日EMAを上回って価格を維持すれば、調整が終わった可能性があることを示している。XRP/USDTペアはその後、1.35~1.41ドルの頭上の抵抗ゾーンまで上昇するだろう。

関連記事リンク(外部サイト)

センチメントはネガティブに 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・カルダノ・ポルカドット BTC相場の転換の条件は? 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル) 急回復は上昇トレンドにつながるか 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・カルダノ(ADA)・XRP(リップル)・ポルカドット(DOT)

コインテレグラフ