today is Oct 20, 2021

Earn crypto on autopilot

BTC(ビットコイン)、保有数量はどうなっているのか【仮想通貨相場】

著者 DMM Bitcoin マーケットレポート

プロフィール:暗号資産交換業者。DMM Bitcoinなら、豊富な取扱い暗号資産(仮想通貨)種類でお取引が可能です。厳重なセキュリティで、お客様が安心して暗号資産のお取引ができる環境を提供します。最短当日に口座開設可能。(暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号、第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商)第3189号、加入協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会)

BTC現物保有高はゆるやかに減少するが・・・

dmm bitcoin

BTC現物保有高: https://jvcea.or.jp/about/statistics/より、BTC価格:DMM Bitcoin終値仲値、DMM Bitcoin作成

上図は、2018年12月から2021年7月までの現物BTCの保有高の推移(日本暗号資産取引業協会資料)とBTC/JPYの価格推移である。

2020年9月からBTC価格は顕著な上昇が確認できるものの、BTCの保有高については逆に右肩下がりとなっていることがわかる。

BTC保有高は2019年1月に164,058BTCを記録した後、2019年1月から2020年2月にかけては16万BTCから13万BTC間で推移し、BTC価格は100万円前後の価格帯で推移した。

BTC保有高は2020年3月に再び16万BTCを超え、翌月2020年4月にはJVCEAの統計上過去最高となる169,397BTCを記録した。一方でこの間のBTC価格は100万円を割り、3/31は69万円、4/30は94万円を記録した。このことから、BTC/JPYの価格下落に伴い、押し目買いが入ったことが読み取れる。

BTC保有高は2020年4月にピークをつけた後は減少に転じているが、一方の価格は2020年4月以降も堅調な推移を見せている。特に、その値動きは2020年9月から2021年3月にかけて顕著になった。

BTC 価格の上昇に対して、BTC保有高が減少していることは、一見BTC市場が縮小しているように見える。しかしながら、BTC/JPYの価格が大きく変動しており、BTC/JPYの価格も考慮するべきである。

次項以降において、価格を加味したBTCの保有金額について検証をしてみる。

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。

関連記事リンク(外部サイト)

中国恒大問題で下落のビットコイン、軟調地合い続く【仮想通貨相場】 やはり上げ止まったビットコイン この先、FOMC以外の注目点とは【仮想通貨相場】 ほぼ横ばい推移のビットコイン、上抜け出来るか?【仮想通貨相場】

コインテレグラフ